オンライン上映
国際ダンス映画祭
傑作選 2020
 
視聴無料
 
これまでに国際ダンス映画祭で上映された過去作品をオンラインでお楽しみください。
 
2020年8月26日(水)21:00〜24:00 隠された物語・5作品
2020年9月  2日(水)21:00〜24:00 風景の中で・5作品
2020年9月  9日(水)21:00〜24:00 ダンス映画監督特集 ルイーズ・ナルボニ・2作品
2020年9月16日(水)21:00〜24:00 変身・4作品
2020年9月23日(水)21:00〜24:00 映像の視点・4作品
 
 
上記の時間帯にこのページにて動画が公開されます。
・時間内は何度でも再生が可能です。
・一時停止はできます。早送り・巻き戻しはできません。途中まで見て、冒頭から再生し直したい場合は、ブラウザをリロード(再読み込み)してください。
 
 

主催:国際ダンス映画祭 Dance and Media Japan
協力:東京造形大学 プロジェクト科目
キュレーション:飯名尚人
字幕翻訳・渉外:黒田瑞仁
イラスト:石原 葉
制作協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想

 
 

ONLINE SCREENING
INTERNATIONAL DANCE FILM FESTIVAL
Best selection 2020
 
Free of charge
 
Enjoy an online screening of selected pieces from the previous years of the International Dance Film Festival.
 
Wed 26 AUG  Hidden Stories
Wed   2 SEP   Amongst a scenery
Wed   9 SEP   Featuring a Dance Film Director: Louise Narboni (France)
Wed 16 SEP   Metamorphosing Dances
Wed 23 SEP   Visions through videos
 
Screening time: 9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9), Screening will be able during this time.
 
-The program will be screened on this page during the times above.
-The program is playable repeatedly during the times above.
-Pausing is possible. Fast-forwarding and rewinding is not possible during the screening. When you wish to play the whole program from the beginning again while you are halfway through, please reload your browser.
 

Organized by International Dance Film Festival, Dance and Media Japan
Co-organized by Tokyo Zokei University 
Curated by naoto iina
Subtitle translation & External affairs   Mizuhito Kuroda
Illustrations by Yo Ishihara 
Co-produced by NPO Dance Archive Network

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

5日間の上映作品

隠された物語・5作品
2020年8月26日(水)21:00〜24:00

Hidden Stories
Wed 26 AUG  9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9)

 

「隠された物語」は、セリフがメインではないダンス映画において、物語を描く可能性を示しています。映画やドラマを見るときに「あらすじ」を観ていませんか?ダンス映画の物語とは「あらすじ」ではなく、瞬間に現れる感情のようなものかもしれません。抽象的でありつつも、背景には物語が流れ、ダンサーたちは物語空間を漂い、身を置きます。

 
These films show the potential of storytelling in dance films, which dialogues are not the chief way of expression. We tend to follow the plot when we watch movies and drama. The story of a dance film may not be the plot, but more like an emotion that emerges at the moment. Often being abstract but with a story running in the background, the dancers thrive amongst the dramatic moments.


Su misura
ス・ミズーラ  仕立て屋(1’10)

監督・振付:Augenblick
イタリア 2014
 
 


love is the only master I'll serve 
愛だけが私の主人(20’28)  

監督:Nicholas Lens  振付:Louise Peterhoff
ベルギー 2006


Tickle Me to Death 
私を死ぬほど喜ばせるモノ(8’00)

監督:Maia Elisabeth Sørensen  振付:Maia Elisabeth Sørensen
デンマーク 2010

 

 Antithesis 
アンチテーゼ(11’30)

監督:Natalia de la Vega  振付:Selva Lecot
アルゼンチン 2011   


Platform 13 
13番ホーム (13’44)   

監督:Camiel Zwart  振付:Klaus Jürgens
オランダ 2014

 
 
 

風景の中で・5作品
2020年9月2日(水)21:00〜24:00

Amongst a scenery
Wed 2 SEP  9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9)

 

「風景の中で」は、風景とその中に存在する身体を記録している作品です。そこへ行かなければ見られないはずの風景が、映像によって体感できる素晴らしさがあります。そして、ダンス映画になった時、本当にそんな風景はあるのだろうか?というフィクションの風景にもなります。普段目にする風景もダンサーが居ることで、まったく別の風景に変化するのです。

 
These are works that document the landscape and the bodies there. It’s extraordinary how we could experience the sceneries without actually visiting the location. And once it’s in a dance film, the scenery seems fictional and mysterious. The landscape that you see in your daily life could be transformed into a completely different scenery with the presence of dancers.


City Dance Jerusalem - Kaet ansamble
Highway #1
ハイウェイ #1(6’42)

監督:Bettina Fainstein & Lior Har-Lev 振付:Ronen Itshaki
イスラエル 2012
 


EL CONVENTO
修道院(10’00)  

監督:ROCÍO FERNÁNDEZ FRAILE
スペイン 2009


RURBANISME
ルアーバニズム・田園と都市 (12’00)

監督:Céline Larrère, Guillaume Gaudart  振付:Céline Larrere
フランス 2008
 

 

Snags in Palladio
パラディオの朽ち木(6’03)  

監督:Michele Manzini  振付:Michele Manzini, Barbara Canal
イタリア 2015


Disruptions
ディスラプション・断絶(4’55)

監督:Felipe Frozza,Ulrike Flämig 振付:Ulrike Flämig
ドイツ 2015

 
 
 

2020年9月9日(水)21:00〜24:00 
ダンス映画監督特集:ルイーズ・ナルボニ・2作品

Wed  9 SEP   9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9)
Featuring a Dance Film Director: Louise Narboni (France)

 


眼差しと空気のダンス映画。
空間を優雅に使い、その場の空気を一緒に吸っているかのようなカメラワーク、登場人物のそれぞれの個性を見つめる眼差し、現実にほんの少し交わるファンタジー…いつの間にかルイーズ・ナルボニの世界に引き込まれます。
「国際ダンス映画祭2019(スパイラルホール)」やテレビ放映もされた映像作品『グレート・ゴースト』(振付:ヨアン・ブルジョワ)の監督であり新進気鋭の映像作家、ルイーズ・ナルボニの2作品を上映します。

 
Dance films of glances and atmosphere.
The elegant use of space, camerawork that makes us think we breathe the same air at the location, the glances observing each other’s personality, the fantasy that slightly blends with reality... before you know it, you are drawn into the world of Louise Narboni.
This year's screening features two works by the up-and-coming filmmaker Louise Narboni, the director of “The Great Ghost” (choreography by Yoann Bourgeois) screened at the International Dance Film Festival 2019 in Spiral Hall and also aired in Japanese television.


Let's Dance an Opera 
オペラを踊りましょう(19’00)  

監督:Louise Narboni
フランス 2014


After a Dream 
夢のあとで(27’00)

監督:Louise Narboni 振付:Julie Desprairies
フランス 2012

 

ルイーズ・ナルボニ(Louise Narboni)
オペラやバレエを複数カメラで記録する映像を作っている。近年では、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル、ヨアン・ブルジョワ、テロ・サーリネン、エマニュエル・ガット、シャロン・エイアール等と仕事をしている。
近作に「Ce que je m’ai souvenu / 私が覚えていること」(2017) 、「Happy We /幸せな私達」(2016)。 

 
 
 

変身・4作品
2020年9月16日(水)21:00〜24:00

Metamorphosing Dances
Wed 16 SEP   9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9)

 

「変身」では、ダンス表現の重要な要素とも言える「誰かになる、何かになる」というアイディアを映像にした作品です。様々な国に今も残る古くからの民族舞踊でも、鳥になったり、龍になったり、火になったり・・・、自然への尊厳を踊りにしてきたのでしょう。上映する4作品もまた、現代における自然への尊厳を忘れてはいません。そして、私たちが持っている無限の想像力で、身体はどんなものにでも変化できるのです。

 
Metamorphosis, the idea of becoming something else, is an important element of dance expression. In the ancient folk dances still existing throughout the world, the dancers become birds, dragons, fire and many more… Dancers express the dignity of nature. The four films that will be screened has not forgotten the dignity of nature in our time. With our limitless imagination, our bodies could transform into anything.


Neang Neak (Serpent Goddess)
蛇の女神( 3'50

監督:Masahiro Sugano 振付:Sophiline Cheam Shapiro
カンボジア 2012
 


PATTES DE DEUX
ふたつの足あと( 10’47

監督:Maroussia Vossen, Etienne Sandrin, Antoine Miserey, Laurence Braunberger
振付:Maroussia Vossen
フランス 2010
 


Homing
ホーミング  (29’59)

監督:Xabier Iriondo 振付:Marina Mascarell
スペイン・バスク州 2014
 


Adelaars
鷲( 9’29

監督:Andrea Sudorova 振付:Jan Sevcik
スロバキア 2013

 
 
 

映像の視点・4作品
2020年9月23日(水)21:00〜24:00

Visions through videos
Wed 23 SEP   9:00〜12:00 P.M. JST(GMT+9)

 

映像そのものがダンスしている・・・それは何を意味するのでしょうか?「映像の視点」は、撮影と編集技術によって、人の内面を身体を使って記録している作品です。時には、物が踊っているかのように見えるときもあります。そして、今回紹介する4作品は、静かに身体の事象を見つめる視点を持っています。これらの映像は、ちょっとした変化を取り逃がさないよう、じっと堪えて見つめているのです。

 
The film itself dances… what does that mean? These are works that use filming and editing techniques along with bodily expressions to document people’s internal states. Sometimes, you could even feel objects dancing. The four films presented here have a careful perspective on physical phenomena. These films stand still and wait for the slightest change to occur so as not to miss it.


Derrière elle 
彼女の後ろに( 12’41

監督:Ishrann Silgidjian, Natalia Sardi, Laida Aldaz, Thomas Turine  振付:Natalia Sardi and Laida A. Arrieta
フランス 2009
 


Afterlife's Dance
死後の踊り( 2’39

監督:Jacqueline Kooter
オランダ 2015

 
 


Nocturn
夜想曲( 3’58

監督・振付:Kai Welf Hoyme
ドイツ 2012
 
 


Beach party animal
ビーチ パーティー アニマル ( 20’38

監督:Liz Aggiss and Joe Murray
イギリス 2011

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

関連イベント


身体を巡る映画祭

2020年8月22日〜29日

オンライン上映
WEB
http://dance-media.com/videodance/zokei/project2020/


東京造形大学プロジェクト科目の一環で、学生がキュレーションを担う映画祭です。

 
プロジェクト参加者
小林竜太朗、桑原咲羽、XIONG WENDI、中山輝、宮田雅楽、山崎未樹、山本和、小林亜裕美、須田貴哉、黒瀧藍玖、伊堂寺夏鈴、大嶋はな、岡元飛夏、津波古若菜、百瀬賢一、YANG HENGSI
 

主催:東京造形大学 プロジェクト科目
提携:国際ダンス映画祭 Dance Film Festival Japan
翻訳:黒田瑞仁
制作協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想、Dance and Media Japan