Afterlife's Dance.jpg

DMJ国際ダンス映画祭

ダンス映画監督たちへのメールインタビュー
A Mail Questionnair to Dance Film Directors


今年の国際ダンス映画祭では、150を超える応募作の中から選ばれた作品がセレクションとして上映される。そのうち注目度の高い作品の監督に、広報担当の黒田が作品に関する疑問をぶつけた。製作の動機は、タイトルの意味は、撮影場所は、あのダンサーは誰か。実際の上映を観る前に読んでも良し、観た後に読んでも良しのQ&A。

質問・訳:黒田瑞仁

The annual International Dance Film Festival screens the selected dance films by the festival curator out of over 150 entries from around the world. Here, we asked some questions to directors who created the selected dance films. What made you make this film? Meaning of the title? Where did you film this picture? Who is this dancer? etc. A Q&A good to read both before and after you see the films.

Questions and translation by Mizuhito KURODA


Afterlife’s Dance|アフターライフ ダンス

監督 Jacqueline Kooter


まず最初に、あなたについて教えてください。どういう作品を作ってこられましたか?

Jacqueline Kooter:私はオランダ、アムステルダムのビジュアルアーティストでJacqueline Kooterと言います。私のビジュアル作品は人間の身体の強さと脆さの両方、そして人間関係の複雑さについて扱っています。
私の専門は設置場所に強く結びついた大型インスタレーションと、アニメーション風の短編映画です。これらの映画では私は架空の世界を作り出し、(人間の)誰かがそこを動き回ります。本当に人間の時と、切り出された紙の人物の時があります。私は絵描きだったことがあり、今でも絵を映画の要素として使っています。私の短編映画のうち幾つかは、ダンス映画として捉えることができます。



クレジットにDancers /performer paper jackets(ダンサー/出演 紙のジャケット)とあります。彼ら、もしくはそれらは、一体何者なのでしょうか。

Jacqueline Kooter:2つの紙のジャケット(手は付いていない状態)はもともと香港で見つけた品物で、中国の清明節のお祭りのために作られたものです。
清明節は死者を悼み、敬意を示すための日です。人々はさまざまな作りもの(紙だけで作られています)を墓の上で燃やし、死者がアフターライフ(※訳者注 来世、あの世)で困らないようにするのです。私は紙のジャケットを恋仲にある2人の登場人物として扱っています。


どうやって彼らに振り付けたのでしょうか?

Jacqueline Kooter:私は紙の両手をジャケットに付け加えました。動いた時により表情を出すためです。ジャケットは風ではためいています。撮影した映像を編集することが、私にとっての振り付けです。



人間不在のダンス、というのは衝撃的でした。逆に何があればダンスといえるのでしょうか。あなたの考えを教えてください。

Jacqueline Kooter:私の考えでは、私たちはダンスを動きの質とリズムによって感じています。風は紙のジャケットに素晴らしい動きの質をもたらし、両手によってさらにそれが強調されます。撮影した映像を厳選し、音楽にあわせて編集していくことでダンスになっていくのです。



この映画にストーリーはあるのでしょうか?二人のキャラクターの間に何かが起こっているのか、それともただ純粋なダンスとして表現されているのでしょうか?

Jacqueline Kooter:概要はこうです。「2人の紙の人物はあの世で、ダンスの続きを踊るために互いを求める。愛する時もあれば、愛さない時もある。」
音楽はヨハン・ゼバスティアン・バッハ(バロック期の18世紀に活躍したドイツの作曲家)によるものです。
チェンバロ協奏曲第4番 イ長調 BWV 1055の一部を使いました。最初の流れのラルゲットは幾分ゆっくりとしていてムードがあり、人物たちは離れ離れでお互いを探しています。2番目の動きのアレグロは軽くて、喜びに満ちています。とうとう2人はあの世でもお互いと巡り会い、ダンスを続けるのです。(愛する時もあれば、愛さない時もある。たまに喧嘩をしているようにも見えます。)一緒に生きることは簡単ではありません、それが死後の世界だとしても。


スクリーンショット 2016-06-08 21.55.14.png



ENGLISH

Afterlife’s Dance

Director Jacqueline Kooter


Please tell us about you, and what kind of pieces you have made in the past.

Jacqueline Kooter:I am Jacqueline Kooter, an visual artist from Amsterdam, The Netherlands.
My visual work is about both the strength and the vulnerability of the human body and about the complexity of human relations.
I am specialized in site-specific large installations and in the production of short animation-like movies. In these movies I create an imaginary world, where (human) figures are moving around; sometimes real people and sometimes cut-out paper figures. I used to be a painter and I still use painted elements in my movies. Some of my short movies can be considered to be dance movies.



On the credit it says ‘Dancers /performer paper jackets’. Who or what are they?

Jacqueline Kooter:The two paper jackets (without the hands) are original Qingming objects from Hong Kong.
They are being manufactured for the Qingming Festival in China. This is the day for mourning and honoring the dead. People burn all sorts of artificial goods (entirely made out of paper) on the grave, so that the dead are well taken care of in the afterlife.
I use them as two characters having a relationship.



How are they choreographed?

Jacqueline Kooter:I added paper hands to the jackets to give them more expression when they move. They move by wind. By editing my filmtakes I made the choreography.



Seeing this film, to meet dance without human body astonished me. Now I wonder, what is the thing that makes a dance to be one? What is your opinion?

Jacqueline Kooter:I think that we experience dance by the quality of movement en by rhythm. The wind gives the paper jackets a wonderful quality of movement, strengthened by the hands. By rigorous selection of my filmtakes and by editing them on the chosen music it becomes dance.



Is there a story to this film? Does the two characters have a dramatic story going on between themselves, or are they simply dancing?

Jacqueline Kooter:The synopsis is: “Two paper figures in the afterlife, seeking each other out to continue the dance; sometimes loving sometimes not.”
The music is by Johann Sebastian Bach (a German composer of the Baroque period/18th century).
I used excepts from the Double Concerto BWV 1055. The first movement, the Larghetto, is rather slow and moody, the characters are apart, they seek their lost one. The second movement, the Allegro, is light and joyful. They have found each other again in the afterlife to continue their dance (sometimes loving and sometimes not: they seem having a conflict now and then). Living together isn’t easy, not even in the afterlife.