スクリーンショット 2016-06-23 18.25.01.png

DMJ国際ダンス映画祭

ダンス映画監督たちへのメールインタビュー
A Mail Questionnair to Dance Film Directors


今年の国際ダンス映画祭では、150を超える応募作の中から選ばれた作品がセレクションとして上映される。そのうち注目度の高い作品の監督に、広報担当の黒田が作品に関する疑問をぶつけた。製作の動機は、タイトルの意味は、撮影場所は、あのダンサーは誰か。実際の上映を観る前に読んでも良し、観た後に読んでも良しのQ&A。

質問・訳:黒田瑞仁

The annual International Dance Film Festival screens the selected dance films by the festival curator out of over 150 entries from around the world. Here, we asked some questions to directors who created the selected dance films. What made you make this film? Meaning of the title? Where did you film this picture? Who is this dancer? etc. A Q&A good to read both before and after you see the films.

Questions and translation by Mizuhito KURODA


ディスラプション・途絶

監督 Rike Flämig + Felipe Frozza


まず最初に、あなたについて教えてください。どういう作品を作ってこられましたか?

Rike Flämig : 普段、私は場所との結びつきの強い作品や、劇場やフェスティバル向けのダンス作品を作っています。ちょうど今、私たちは「LAND(土地)」をテーマにした合同展に誘われて写真や映像インスタレーションを出展しています。実はここでもパレスチナや、ドイツ内にかつて引かれていた境界線のことを扱っています。私はひたすら、身体をつかってイメージをつくりあげています。それが舞台上であれ、ショートフィルムや映像インスタレーションの中であれ。公共の場所を使用し、政治的な内容を伴うことが多いです。

Felipe Frozza : 私はドキュメンタリー映画、ビデオアートや写真などの要素の領域横断的な作品をつくります。また非言語コミュニケーションの経験を持っているダンサー、パフォーマー、音楽家やサウンド・アーティストとの共同制作を積極的に行っています。私はスタジオで何かを創出するよりも、存在する現実をきっかけに製作することを好みます。現実には、明りも、音も、ロケーションも全て揃っているのです。そこに何かを加えたり引いたりすれば、すぐに撮影することができます。現実を作品に取り込む場合、観察眼を養うことが必要です。この観察眼のために私とRikeは仕事中に上手くやりとりできるのです。私たちは似た方法を持っていて、政治的関心も近く、編集室では二人とも予想外の映像に触発された物語の切り口に夢中になっています。



撮影場所がパレスチナとあります。正直に言うと、パレスチナとそれがイスラエルとの間に抱える問題については、知ってはいるものの日本で暮らす我々にとっては身近に感じにくい問題です。ドイツではどうなのでしょうか?なぜパレスチナで映画を撮ろうと思ったのですか?

Rike Flämig : 私たちは二人ともベルリンに住んでいるので、越えることのできない壁に分断されていた頃の形跡がよく目に入ってきます。東ドイツで生まれた私にとって壁は当たり前のものでした。それが崩れるのを見ることは強烈な体験だったのです。そのためいま実在している壁と、それがたたずんでいる背景に興味があります。

Felipe Frozza : 8年前にドイツに移住したブラジル人として、なぜか他人事とは思えません。ここにやって来た頃から第二次世界大戦やShoa(ホロコースト)についてドイツ社会が自らの責任について話し合う姿勢に感心していました。私からすると、イスラエルとパレスチナの政治関係について一部の人が情熱的に議論することは、そのことと無関係ではないように思えるのです。何が私をパレスチナについての映画を撮ることに向かわせたかということについては、撮影の前に二度渡航したとき状況がどれほど複雑で難しいかということに気づいたのです。また世界中のあらゆるメディアが扱っています。Rikeといることで、このことをどう扱えばいいか新しい視点が開けたのです。ダンスを通じて、でした。それに気づくことで初めて、取り組むに値する主題だと自分を説得することができました。



ダンサーによる動きは説明的というより、抽象度が高いように感じました。どのように振り付けされているのでしょうか?

Rike Flämig : 動きは完全即興です。その場で出会った刺激、現場で受けた聴覚や視覚からできあがっています。大理石の欠片の感触が私の足を特定の方向に動かしました。もちろん越えてはいけない壁の前に佇むこと自体がとても具体的な動きや感情を喚起させます。トカゲがどう壁を這うかを観察するような単純なことが、創作のインスピレーションになりました。



パレスチナに撮影に行く前に、全体の構想はどの程度あったのですか?具体的なロケーションは決めていましたか?

Rike Flämig + Felipe Frozza : パレスチナへ向かう時点で、私たちは壁の近くで撮影がしたいと思っていました。ちょうどドイツの壁が崩壊してから25年経った節目だったからです。同時にイスラエル占領下のパレスチナでの生活についてももっと知りたいと考えていました。ヘブロンという、壁がその中を貫いていて紛争の影がいたるところに見え隠れする都市にある友人の家に宿泊しました。壁は私たちが寝泊まりした道の行き止まり、すぐ近所にありました。最初はあんなに威圧的に見えたものが、すぐに日常の一部になりました。だから、その目の前で撮影をしようと思えたのです。『ディスラプション・途絶』に登場する二つ目の壁は、ベツレヘム近郊のアイダ難民キャンプにあります。こちらの壁のほうがはるかに大きく、イスラエルを西岸から分断しています。壁沿いに歩くと、大理石工場の残骸を見つけました。そこからどれくらい遠くまで壁が伸びているかを見渡せました。改めてここが撮影に最適の場所だということを実感しました。


兵士に見つかる場面や、子供がネズミを見せてくる場面は意図されたものだったのですか?意図していないとしたら、なぜこれらのカットを完成版に含めようと思ったのでしょうか?

Rike Flämig + Felipe Frozza : 紛争の絶えない場所を選択したので、何かが起きるのではないかと予想していました。ともあれ私たちは、撮影するのに残された時間が短かったことにも、途絶がすぐに姿を現したことにも驚きました。場所は私たちを極限に置き、それをどう扱えばいいかを自覚するところまで追い込みました。私たちは撮った映像をすべて見て、すぐに兵士やネズミを持った子供達が映画の一部になることを悟りました。実際に起きた事件はパレスチナでの日常の感触を創作されたストーリーや「キレイなダンス映画」よりも 、深みを伴って伝えてくれるのです。


スクリーンショット 2016-06-23 18.24.32.png



ENGLISH

Disruptions

Director Rike Flämig + Felipe Frozza


Please tell us about yourself, and what kind of pieces you have made in the past.

Rike Flämig : I usually create site specific works and dance performances for theatres and festivals. Just now we were invited to hold a collaborative exhibition where we showed photographs and a video installation on the topic of „LAND“ - actually also relating to the realities in Palestine as well as to the former Border within Germany. So for me it´s always about creating images with the body - be it on stage, in a short film or a video installation, often using public space to relate to political context.

Felipe Frozza : My work navigates between documentary film, video art and photography. I like to collaborate with dancers, performance artists, musicians and sound artists because of the expertise they have with non verbal communication. I prefer to depart from real existing circumstances rather than trying to recreate them in a studio. In reality everything is given: light, sound, location. You just need to add or extract something here and there and you´re ready to shoot. When you´re including reality in your work you have to develop a good a sense of observation, but also quick decision and spontaneous reactions. That´s why Rike and I can dialogue well while working together. We have a similar approach. Our political interests are also running parallel and, while in the editing room, we are both also fascinated by the different possibilities of telling a story that comes from such “unexpected” footage.



The film is located in Palestine. To be honest, although we know about Palestine and its conflict with Israel, it is difficult to consider it as a close matter to us living in Japan. Is that also the case in Germany? What were your motives to film a movie in Palestine?

Rike Flämig : As we both live in Berlin we often find traces that remind us our city was once separated by a wall which was impossible to cross. I was born in East Germany and the wall was a given reality for me. It was a strong experience to see it fall. Therefore I´m also interested in the walls which are still existing nowadays and in the contexts where they are embedded.

Felipe Frozza : From the perspective of a Brazilian who migrated to Germany eight years ago, I see it somehow as a close matter. Since the beginning of my time here I have been very impressed with the engagement that the German society discusses its responsibility for the Second World War and the Shoa (Holocaust). For me there´s a link between that and the way some people here passionately argue about the political developments in Israel and Palestine. As for the reason that motivated me to film in Palestine: in the two trips I had done to the region before the shooting I realized how complex and complicated the whole situation is. It has also been extensively documented by all sorts of media outlets from around the world. Being with Rike there opened a new perspective for me on how to touch the matter. Trough dance. And that´s when I convinced myself it was worth doing something about the topic.



Moves by the dancer seems to be quite abstract, rather than gesture-like or explanatory. How was it choreographed?

Rike Flämig : The movements are completely improvised, created from impulses taken from the space, sounds and visuals found on the location. The texture of the marble pieces inspired my feet to move in a certain way. Of course, being in front of a wall that cannot be crossed was triggering very specific sensations and movements. But also simple things like just observing a lizard and how he moved along the wall inspired the creation.




Before actually going to Palestine for the filming, how detailed was the blueprint? Did you have specific locations in mind?

Rike Flämig + Felipe Frozza : When we went to Palestine, we knew we wanted to shoot near the wall as it was 25 years after the fall of the wall in Germany. We were also interested in getting to know more about life in Palestine under the Israeli occupation. We stayed at a friends house in Hebron, a city that has a wall inside itself and where the conflict is visible at every corner. The wall was right at the end of the street where we were living, it was our close neighbour. What looked so aggressive at the beginning ended up becoming part of our daily way home and that´s how we got confident to film in front of it. The second piece of wall that you see in “Disruptions” is at the Aida Refugee Camp near Bethlehem. It´s a much bigger wall. It actually divides Israel from the West Bank. Walking alongside the wall we discovered the spot with the leftovers of a marble factory. From there one could see very clearly how far the wall reaches. So it was clear to us again, that that was the perfect place for the shooting.



Were the situation which the dancer is seen by the soldier and where the children shows off a rat, intentional? If not, why did you include the cuts in the final print?

Rike Flämig + Felipe Frozza : As we chose a spot full of conflict on purpose we knew things like this could happen. Nevertheless we were surprised how short time was left for us to film and how soon the disruptions appeared. It also put us in quite extreme situations and brought us to the limit of knowing how to handle it. We watched the entire footage and soon it became clear that the soldier and the kids with the rat had to be part of it. For us this real life incidents tell a lot about the density of daily life in Palestine and give much more insight into those realities than we could have shared with a made up story or a „beautiful dance video.“