ダンス映画監督たちへのメールインタビュー
A Mail Questionnair to Dance Film Directors


今年の国際ダンス映画祭では、150を超える応募作の中から選ばれた作品がセレクションとして上映される。そのうち注目度の高い作品の監督に、広報担当の黒田が作品に関する疑問をぶつけた。製作の動機は、タイトルの意味は、撮影場所は、あのダンサーは誰か。実際の上映を観る前に読んでも良し、観た後に読んでも良しのQ&A。

質問・訳:黒田瑞仁

The annual International Dance Film Festival screens the selected dance films by the festival curator out of over 150 entries from around the world. Here, we asked some questions to directors who created the selected dance films. What made you make this film? Meaning of the title? Where did you film this picture? Who is this dancer? etc. A Q&A good to read both before and after you see the films.

Questions and translation by Mizuhito KURODA


夜想曲

監督 Kai Welf Hoyme


Q1
まず最初に、あなたについて教えてください。どういう作品を作ってこられましたか?

私の名前はKai Welf Hoymeです。38歳のアーティストで、ドイツのケルンとメンヒェングラートバッハを拠点にしています。2000年から映像、音声、写真、パフォーマンスとインスタレーションを扱う芸術活動を行なっています。私のビデオと短編映画は人の動きや身振り、物理的な空間や、個人、文化、社会ごとのさまざまなアイディアや想像力を扱います。たとえば2003年製作のダンス映画『バランス(Collapsing Body Research=倒れる体についての考察)』は体の動きと空間についての作品でした。2016年の最新作『スケルトン』はドイツのボーフムにあるルール大学のユートピア的な建築同士の関係性や隙間についての作品で、振り付けのように組み合わされた手振り、音、そしてユートピア文学『太陽の都』を朗読する声からなっています。私の映像作品は典型的なダンス映画を振付けされた身振り、そして振付けされたカメラワークを用いることで発展させたものです。


Q2
実写とアニメーションが入り混じっています。なぜこのような手法をとったのでしょうか。

実写と手書きアニメーションを併用することは、この作品の中心になるアイディアです。女性の心象風景を描き出すことが目的です。アニメーションは実写では表せない形で出来事や感情を描くことができます。実写では、感情や肉体が変化する瞬間を描くことが難しいのです。それにアニメーションでは、アニメーターの手の動きを感じることができます。二つの手法を混ぜることで振付された手の動きと、紙の上をはしるペンの動きを出会わせることができるますし、独特の雰囲気も生み出されます。

Q3
「夜想曲」というタイトルと内容から、不安な夜を連想しました。ただし始まりのシーンは昼間のようです。あのシーンにはどういった意味があるのでしょうか。

日中のシーンからはじめることで、昼から夜への移り変わりを表現しました。さらには外界から秘められた内部へと表現を移行させています。作中の女性の精神的、詩的な領域を描きだしたのです。


Q4
手や、髪の毛など、特定の体のパーツが集中的に写っていたように思います。なぜこれらのパーツに注目しているのですか。

私は体の部位に注目するために、近接撮影を用います。手と髪は伝統的に、ヨーロッパ文化ではその個人を良くあらわすとされてきました。象徴としても隠喩としても重要な部位です。たとえば本作中では髪が伸び、手を裏返すシーンがあります。

Q5
この作品の内容はうるさくも激しくもなく、むしろとても静かでじっとしています。ダンス映画で静止と静寂を扱おうと思ったのはなぜですか。

この作品で意識しているのは変身と失語、つまり喋ることができない状態です。これらは肉体と精神のどちらの面からも意味を見いだせる題材です。この作品は典型的なダンス映画ではありませんがダンスの振り付けのように、要素を組み合わせることで静寂をつくり出しています。作品の構造自体が、意味内容を反映しているわけです。





ENGLISH

Nocturn

Director : Kai Welf Hoyme


Q1
Please tell us about you, and what kind of films you have made in the past.

My Name is Kai Welf Hoyme. I am a 38 years old artist, living and working in Cologne and Moenchengladbach, Germany. Since 2000 I am working artisticly with moving images, sound / audio, photography, performance and installation. My videos and shortfilms deal with the relation between the body movement and gesture, the physical space and different personal,cultural and social ideas and imaginations. For instance my dance video Balance ( Collapsing Body Research) from 2003, is about body movements and a physical space. My recent experimental video Skeleton from 2016, deals with the interrelation and the gap among the utopian architecture of the Ruhr-University of Bochum, choreographed hand gestures, and a sound and voice fragment from the utopian text The City Of The Sun. My film work has developed from a kind of classic dance film to films, which contain choreographed gestures and choreographed camera movement.


Q2
There is live action and animation mixed in this film. Why did you combine these?

The idea to combine live action and hand drawn animation is close to the main idea of the film, to give an insight into a inner landscape of a woman. Due the animation can show incidents and emotions, that you cannot express by using live action. Its difficult to express moments of emotional and physical metamorphosis with live action. You can find the hand movement of the animation artist in the animation sequences, too. By this way you can combine choreographed hand gestures and the movement of the pen on the paper. This method creates also a special atmosphere.


Q3
From the title “Nocturn” and the restless atmosphere, the film strongly brings up the image of nighttime. Then again, the film starts from a daytime scene. What is the meaning of this?

My film Nocturn starts from a daytime scene to show a passage from the day to the night. From the outside to the hidden inside, the mental and poetic space of the woman.


Q4
Specific body parts such as hand, hair, etc. seemed to be closed up in the film. Why is this?

I use the close-up to focus on this body parts. Hand and hair have a strong personal meaning and symbolical and metaphorical power in the european culture history. For instance you can watch scenes, were the hair grows and the hand turns.


Q5
What is filmed here is hardly loud or active, but very still and silent. Why did you prefer to handle stillness and silence in a dance film?

The film circles the topics of metamorphosis and aphasia, the loss of the ability to talk. This topics have certain physical and mental meanings. So its not a classic dance film, but creates a silent mood with choreographical elements. The form of the film fits to the content.

Nocturn
夜想曲

製作国 ドイツ
分数 3分58秒
制作年 2012年
監督・振付・作曲・編集・プロデューサー Kai Welf Hoyme
ダンサー Anika Bendel