指人形.tiff

DMJ国際ダンス映画祭

映画版:川口隆夫「大野一雄について」

文・写真:黒田瑞仁

去る2015年8月21日、国際ダンス映画祭の一日目に上映される映画版:川口隆夫「大野一雄について」の撮影を横浜市の大野一雄舞踏研究所で行った。この作品は舞踏家の故・大野一雄氏の動きをパフォーマーの川口隆夫氏が"完全コピー"するという手法を用いたソロダンスパフォーマンス「大野一雄について」の映画版。
撮影を行った川口隆夫氏と飯名尚人氏に、映画祭広報の黒田が同行した。

尚、この映画版「大野一雄について」は本年度の国際ダンス映画祭の初日、2015年10月11日(日) 13:00~14:30に上演される。上映時には川口隆夫氏本人も登場する予定。



大野一雄舞踏研究所 ミニレポート

http://www.kazuoohnodancestudio.com/

  研究所は一つの建物におさまっていて、そのほとんどは稽古場である広い長方形の部屋が占めている。壁は白くて、長手方向には扉がいくつもあり、これを開け ると衣装ケースをハンガーにかかった衣装がびっしりと詰まっていた。天井は壁と同じに白く塗られた切妻の小屋組が見えている。
 舞踏の研究所というので迫力のある場所と思いきや、壁の一面はほとんどが窓になっていて日当り良好、広くて爽やかな室内だった。ここで普段は舞踏の稽古やレッスンが行われているらしい。シンプルなようで、ピアノ、音響機材、テーブルや椅子、流し台、棚などいろいろなものが置かれている。入り口と反対側の扉の奥にはトイレ、洗面所、現在は使われていないようだったがシャワー室があり、使い勝手もよさそうだ。
 研究所には大野一雄氏の写真と共に、妖精を思わせるような不思議なモノがたくさんあるのが気になった。キャラクターのヌイグルミ、マトリョーシカや東南アジア系をはじめとした世界中の工芸品、おかしな生き物が描かれたクッション、オリジナルの小道具と思われる被り物、民族衣装をまとった人の写真などなど。映画版「大野一雄について」にも映り込んでいるはずなので探すときっと意外なものが。


撮影レポート

2015/08/21 Fri. 
10:00
晴れ。
相鉄線上星川駅にて飯名さん、パフォーマーの川口隆夫さんと合流。映像版「大野一雄について」の主なロケーションである大野一雄舞踏研究所へ。機材をのせた台車を押し、坂道の住宅街を進む。途中から階段道になり、機材と台車を3人で担ぐ。

ohnolab01.JPG

10:30
大野一雄舞踏研究所に到着。大野慶人さん、圭子さんが出迎えてくださる。慶人さんが公演のためブラジルに行かれた際に買ってこられたコーヒーをいれていただいた。後味がマイルド。機材の荷解き。川口さん、小道具として研究所のお盆を借りる。

11:00
川口さんは衣装の準備。飯名さんは研究所に置いてある色々なモノを撮影している。

ohnolab02.JPG

11:30
撮影準備ほぼ完了。自分たちの荷物など、余計なものが映り込まないよう片付ける。舞台版「大野一雄について」にはない、イントロシーンの段取り打ち合わせ。

12:00
いよいよ川口隆夫にカメラが向けられ、イントロシーン撮影開始。1カットにつき2~3テイクずつと、テンポよく進む。

(カメラはsony α7s、レンズはsony EマウントSEL70200g(70mm~200mm)。多くは135mmで使われた。もうひとつsony AX100で、4Kで撮影された。)

ohnolab03.JPG

12:30
カメラのバッテリー交換。飯名さん、少し粘ってリテイクを重ねる。イントロ撮影完了。雨が降り始める。

13:00
昼休憩。ポツポツと雨が降る中、昼食を求め上星川駅まで歩いて戻る。大野一雄舞踏研究所は、上星川の丘の途中にある。機材がないと行き来は楽。駅前で独特の雰囲気を放っていた多国籍料理屋に入る。川口さんと飯名さんは舞台版「大野一雄について」海外公演の打合せ中。生姜焼き定食、パスタランチ、インドカレー定食を食べる。

ohnolab04.JPG

14:00
店を出ると雨は上がり、晴れていた。研究所に戻る。段取り確認、撮影準備。川口さんは大野一雄氏の映像を見て、振りの確認をしている。

14:30
撮影再開。作品のメインである踊りのシーンまでの残りカットを撮りきる。圭子さんが撮影を見にいらっしゃった。カメラの写りと動きの確認をしながら、踊りのリハーサル。

15:00
いよいよ踊りのシーンの本撮影。川口さんの衣装が暑そうだ。舞台版にもある部分なので、イントロより川口・飯名両氏の意思疎通はスムーズな様子。研究所にある妖精っぽいものが映像に映り込んでいる。

15:30
化粧シーンの撮影。お借りしたお盆を小道具に使用。ここだけはやり直しが大変なのでワンテイクで済ませたいと、カメラチェックを入念に。

ohnolab05.JPG

16:00
踊りのシーンを数バージョン撮影。撮影のアングルを変える度にバタバタと映り込む荷物をどかす。どかしたら元に戻す。川口隆夫出演シーン撮影完了!

16:30
大野慶人さんによる、大野一雄人形(!)が踊るシーンの撮影。2バージョンの撮影をお願いする。

ohnolab06.JPG

17:00
全シーン撮影完了!慶人さんの海外公演のことや、大野一雄人形のこと、最近この研究所に尋ねてこられた方々のお話を伺う。機材をばらし、荷造り。

ohnolab07.JPG

17:30
慶人さんと圭子さんにお礼を言って、研究所を後に。再び坂を下って上星川駅へ。解散。

ohnolab08.JPG


映画版「大野一雄について」上映

2015年10月11日(日) 13:00~14:30
トークでは川口隆夫氏本人も登場。


出演:川口隆夫 大野慶人
監督・撮影・編集:飯名尚人
協力 大野一雄舞踏研究所 有限会社かんた
撮影協力 黒田瑞仁

映画祭情報は、こちらのページへ