スクリーンショット 2018-06-17 0.03.04.jpg

ダンス映画監督たちへのメールインタビュー
A Mail Questionnair to Dance Film Directors


今年の国際ダンス映画祭では、150を超える応募作の中から選ばれた作品がセレクションとして上映される。そのうち注目度の高い作品の監督に、広報担当の黒田が作品に関する疑問をぶつけた。製作の動機は、タイトルの意味は、撮影場所は、あのダンサーは誰か。実際の上映を観る前に読んでも良し、観た後に読んでも良しのQ&A。

質問・訳:黒田瑞仁

The annual International Dance Film Festival screens the selected dance films by the festival curator out of over 150 entries from around the world. Here, we asked some questions to directors who created the selected dance films. What made you make this film? Meaning of the title? Where did you film this picture? Who is this dancer? etc. A Q&A good to read both before and after you see the films.

Questions and translation by Mizuhito KURODA


アメリカ序曲

監督 John T. Williams



Q1
まず最初に、あなたについて教えてください。どういう作品を作ってこられましたか?

私は「ダンス映画」作家を自負しています。扱うのは主に社会的、政治的なテーマです。社会的な活動に非常に精力的なサンフランシスコ州立大学の映画学校で美術と実験映画を学びました。 生まれ育ったのは公民権運動が盛んだった60-70年代にサンフランシスコの湾岸部でした。そのため芸術を通じて社会的、政治的な視点を表現することは、自分にとって当たり前のことなのです。


Q2
背景を行き交うCGの象徴たちがアメリカを象徴しているものだということはわかります。反対にこの踊り(バレエ)と音楽(ラヴェル「ボレロ」)はどういった部分でアメリカを象徴しているのでしょうか。

実は、作中で使われているいくつかの画像は、アイルランドやイギリスやドイツからの移民だった自分の祖先の写真です。また、モーリス・ラヴェルの「ボレロ」を選曲したのは、物語を前に進める力強さがあるからです。ゆっくりと立ち上がり、クライマックスまでしっかりと盛り上がる曲です。これがアメリカの発展の道のりと重なったのです。
正直に言ってしまうと、振付には満足していません。ストーリーとの相性が良いとは言えず、これは全面的に私の責任です。振付はもっと時間をかけて練るべきでした。


Q3
このテーマでダンス映画を作ろうと思ったきっかけ、着想を教えてください。

この国を愛しているし、アメリカの善良でポジティブな部分を伝えたかったんです。映像作家の多くは物事の悪い部分に注目したがります。でもそのような作品には私達はもう、うんざりしているはずです。


Q4
シンプルなCGを背景にバレエを踊るのはかなり印象が強く、ユニークに思われます。何か参考にしたものはありますか。

(参考にした作品は)特にありません。私は自作のビジュアルが独特であるよう心がけています。観客に新鮮なものを提供したいからです。古びた倉庫や、屋上や砂浜で撮影されたダンス映画を私たちは何千と見せられてきましたが、それらは独創性がなく退屈なだけです。私にとって映画は芸術であって、ダンスを記録するだけの媒体ではないのです。


Q5
この作品を見た時、アメリカの人々はどう反応するのでしょうか。

この作品は合衆国内では大変な好評を博しています。それに東ヨーロッパの国々でも受けがいいようです。ポーランドのDance Theater Festivalではベスト・フィルム賞を受賞しました。


スクリーンショット 2018-06-17 0.04.15.jpg



ENGLISH

American Overture

Director : John T. Williams


Q1
Please tell us about you, and what kind of films you have made in the past.

I consider myself a “Screen dance” filmmaker, specifically addressing social and political themes. I graduated from San Francisco State University film school, a very social activist school where we studied mainly art and experimental films. I grew up in the sixties and seventies in the San Francisco Bay Area during the civil rights era, so I think it’s just in my blood to express my social and political views in an artistic form.


Q2
I could tell the icons in the background are representing America and its history. On the other hand, how is the music and the dance, representing America?

Actually, some of the icon images of the immigrants in the background in the beginning of the film are photos of my actual relatives who immigrated here from Ireland, England and Germany. I selected Maurice Ravel’s “Bolero” for the music only because it has a strong progression to move the story forward. It starts out slow and builds to a climatic moment. That seem to work well for the progression of America. To be honest, I was not happy with the choreography. It does not match the story very well. I take full responsibility for that. We should have spent more time on the choreography.


Q3
Why did you decide to make a dance film with this theme? Where did your idea begin?

I love this country and wanted to express what is good and positive about America. To many filmmakers focus on what is bad or negative. We’ve seen plenty of those kinds of films.


Q4
This is a very unique piece with ballet dancers dancing with a virtual background. Is there anything you consulted for this method?

Not really. I just try to approach my films in a unique visual style. I like to give the audience something different to experience. We’ve already seen thousands of dance films shot in some abandoned warehouse, rooftop or beach setting. Very boring and uninspired. For me, film is an art form, not just a way to capture dance.


Q5
How does the American people react to this film?

The film has done extremely well in the US. Although, I’ve noticed that a lot of Eastern European countries love this film. It won “Best Film” at the Dance Theater Festival in Poland.


American Overture 
アメリカ序曲

製作国 アメリカ
分数 6分15秒
制作年 2012年
監督 John T. Williams
振付 Shannon Roberts
作曲 Maruice Ravel
編集 John T. Williams
ダンサー Shannon Roberts, Luke Willis and Ommi Pipith
プロデューサー John T. Williams