2013 第8回DMJ国際ダンス映画祭

彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール
2013年5月29日(水) 〜 30日(木)



ダンスを、映画の手法で記録すること。
手軽に映像を自分のものに出来る時代になりました。映像の中のダンスが、もし実際に舞台で行われているダンスにも増して生き生きとして見えたとき、それはもはや映像作品となります。映像の視線だからこそ違ったものが見えてくる、そういうダンスと映像の出会いを求めています。

このイベントが「映像祭」ではなく「映画祭」であるということも重要です。映画には、その中で生きている人がいて、物語があります。ダンスをただビデオカメラで切り取るのではなくて、その中で踊る人の物語、街の物語、劇場の物語が記録できたら素晴らしい記憶となります。それは主観的で、個人的で、自分勝手な記憶ですが、それは素晴らしい記録となります。

DMJ国際ダンス映画祭は、今年で第8回目です。ここで上映されるのは、舞台記録やプロモーションビデオとは違ったスタイルの作品で、映像作品のために作られたダンス、いわば「ダンスで構成された映画」です。毎年、世界各国から実験的で質の高い「ビデオダンス」が集まってきます。今年は82作品のエントリーがありました。さいたま芸術劇場での上映は、その中から10作品を選び上映します。

上映スケジュール

2013年5月29日(水)
 17時30分 〜 受付開始
 18時00分 〜19時00分 トーク① 写真とダンス 山本剛×飯名尚人  > more
 19時30分 〜 21時00分 上映(10作品 全80分) > more

2013年5月30日(木)
 17時30分 〜 受付開始
 18時00分 〜18時50分 トーク② 今年のダンス映画 飯名尚人 > more
 19時00分 〜 20時30分 上映(10作品 全80分)  > more

*両日とも上映される作品は同じ内容です。

写真展示スケジュール

2013年5月29日(水)15時00分 〜 21時30分終了
2013年5月30日(木)10時00分 〜 21時30分終了

料金

トーク、写真展は無料
上映 800円(1回)

映画祭、上映作品などに関するお問い合わせはこちらへどうぞ。
DMJ国際ダンス映画祭
E-mail office@dance-media.com

主催:Dance and Media Japan
提携:彩の国さいたま芸術劇場